教員にパソコンは必須!現役教師がおすすめする太鼓判3選

教員 パソコン教員旦那の日常
この記事は約8分で読めます。

教員 パソコン

なねパパです!

なねパパ
なねパパ

現役でとある県立学校の教師をしております。

パソコン含むガジェット類を愛してやまないそんな私が今回は教員が持つべきパソコンについて熱く語ります!(初登場、一番好きな部門を語ります)

いきなりですが、自称勤め先の学校では一番ガジェットに詳しい現役教師なねパパがおすすめする、教師が持つべきパソコンランキング1位~3位です!(20204月時点)

 

Surface Laptop 3

マイクロソフト Surface Laptop 3 13.5インチ/ Office H&B 2019 搭載 /第10世代 Core-i5 / 8GB / 256GB / コバルトブルー (ファブリック) V4C-00060
このスペックであれば教員仕事の範囲なら最強レベル!安心のMicrosoft社で最高に格好いいデザイン!

iPad Air 3

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)
教員が使う分であればProよりもAirの方がオーバースペックにならないのでおすすめ!
公式サイトから教職員は安く購入できます。

MacBook Air

最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzデュアルコア第10世代Intel Core i3プロセッサ, 8GB RAM, 256GB) - スペースグレイ
スペックはちょうどよし!なによりデザインがかっこいいし、Appleユーザーの教員ならMacもありです!美術や音楽の教員ならむしろMacの方が良いかも?
公式サイトから教職員は安く購入できます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンスキルは絶対に必要

今の学校現場ではパソコンが使えない=仕事できないと言っても過言ではありません。昔は手書きで行っていた書類も今はほとんどパソコンで作成します。
パソコンスキルが低い教員はいつまでも残業代の出ない定時以降に仕事を強いられてしまいます。そんなことにならないようにパソコンスキルは絶対に教員になる前の段階から身に着けておきましょう。
教員に必要なパソコンスキルはそんなにレベルが高いものではないです。ざっくりこんな感じです。

  • Microsoftofficeword, excel, powerpoint)がある程度使える
  • windowsパソコンの基本的な設定ができる

この2つができれば、一般的な教員仕事ではほとんど困ることはないです。じゃあどんなパソコンを選べばいいのか‥‥

 

教員に必要なスペック

教員の一般的な仕事だけを考えると以下の条件で探してくべきです。(※美術や音楽でクリエイティブな仕事をする場合はこの限りではない)

  • 持ち運びがしやすい(重要)
  • officeがサクサク動く(重要)
  • 単体で通信できる(できれば)

基本的には重要と記した2項目を抑えたパソコンであれば、学校教員が仕事で使うために持つパソコンとしては十分です。
教室への持ち運びや、出張等を考えると、軽く、持ち運びやすいデザインが向いています。そして、マシンのパワーはMicrosoftのoffice(word, excel, powerpoint )がきちんと動くレベルで十分です。

そして、”できれば”なんですが、今後は単体で通信できるパソコンがいいです。学校内のWi-Fiってセキュリティの点から個人のデバイスは入れないんです。

学校現場のほとんどはWindows

教員 windows

学校現場はwindowsパソコンを使っている学校がほとんどです。(一部大学の附属とかは違うかもしれませんが‥‥)なので、windowsOSを搭載しており、かつ、スペック・大きさ / 重さ・OS・デザインどれをとってもバランスが取れているのが surface laptop シリーズです。microsoft社の製品だけあって、officeも付属していて、教員で迷ったらこれで間違えないです!

今(2020年4月時点)は3まで出ていますが、なねパパのはlaptop2の時に買って、家で教材を作る時等のメインPCとなっています。

 

iPadも現場では最強

教員 iPad

なねパパが今毎日学校へ持って行っているのは実はパソコンではなくiPadです。

こうしてしまえばほぼパソコンです。ですがとにかく軽い、かつ教材作成には十分なパワー。
officeはここで契約し、

単体も通信できるようにしています。

 ランニングコストは月2000円くらいでデータが3G使えてofficeも使えます

この状態は最強です。手軽に写真や動画を撮って教材に活用したり、出先や家でもofficeを使って教材が作成できます。
ちなみになぜが学校現場では、iPadを授業で活用しています。おそらくAppleのアプリが教育には向いているものが多いからでしょう。その点からもiPadは、余裕があればパソコンを持っていて買っておくと良いです。

 

macはこの後波が来るはず

教員 mac

Macユーザーがどんどん増えている現在、教員もMacを持つ人が少しづつ増えてきています。美術や音楽などのクリエイティブな教科の先生にとってはMacはむしろWindowsよりも優れているかもしれません。スペック的には現行のAirで十分です。とにかくデザインは最高にかっこいいですよね!写真は今はなねママが使ってます。
ただ、今回3位の理由は、やはり教員にとって「これ1台!」という点で見ると、Windowsの方が便利な場合が多いからです。教員に学校から貸し付けられるパソコンはだいたいがWindowsなので、この点がMacがどうしても今の学校教育現場に浸透しずらい部分の一つです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は教員になってパソコンを買おうか悩んでいる人に向けて3つのデバイスを紹介しました。ぶっちゃけ、この中のどれを選んでも満足できると思います(^^♪
私も職場の先生たちからたくさんパソコンの相談をされますが、結局この3つのうちのどれかを紹介しています。ちなみに、今のところはiPadを選ぶ人が多いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
教員旦那の日常
なねさんをフォローする
なねぶろぐ

コメント