新生児と乳児の違いは?いつからいつまで新生児?「新生児期」のまとめ

新生児と乳児の違い 期間 時期子どもの発達
この記事は約4分で読めます。

新生児用?

乳児期用?

 

新生児と乳児の違い 期間 時期

 

とくにオムツなんて

迷いに迷った、なねママです。

 

今日は新生児期っていうけど

 

いったいいつまでなんだ!?

という疑問にお答えしていきます。

 

「新生児用」と書かれたものは

これから説明していく期間のこと指すので

 

みなさんもお間違えの無いように!

ではいきましょう!

 

新生児期というのは、

生まれた日を0日と数え、

そこから28日未満

までの期間を言います。

28日以降から1歳になるまで

乳児期と言い、

1歳から7歳未満幼児期と言います。

なので新生児期は生まれて

たったの4週間しかありません!

本当に短くてあっという間でした。

今回は、新生児期の赤ちゃん

ならではの特徴をまとめて

みました!

いってみましょう!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新生児期のうんちの変化

胎便

生後すぐのうんちは

黒のような濃い緑の様な色です。

初めておむつを変える時に

驚きました!

例えるなら、

海苔の佃煮のような感じです

(食べ物に例えてしまってすいません・・・)

これは胎便と言って

飲み込んだ羊水や胆汁の

色素などによって粘り気があり、

色も先程記述した通りの

黒褐色と表現されます。

 

移行便

そこから母乳やミルクを

飲みはじめると、

移行便と言われる

徐々に緑だったり

黄色の水分の多い

さらさらしたうんちが出ます。

 

その後

その後数日で

黄色のどろっとしたうんち

が出る様になります。

赤ちゃんは母乳やミルクなど

水分しか摂取していないため

うんちは下痢の様な感じです。

赤ちゃんのうんちについて

次に驚いたのが「においが臭くない」

ということ!

私たちが知っているうんちのにおい

ではありません。

例えるなら、

お米が炊けた様なにおいや

ヨーグルトの様な酸っぱいにおいがします。

なのでおむつ換えが

そこまで苦ではありません。笑

 

新生児期の哺乳力

生まれてすぐの赤ちゃんは、

哺乳力も弱いため

たくさんの母乳やミルクを

一度に飲むことは難しいです。

この新生児期の1カ月を

通して徐々に哺乳力がついていき、

1カ月経つ頃には

しっかりと自分で飲んでくれる

様になります。

また、授乳後必ず背中をトントンして

ゲップをさせるのですが、

そのゲップもとても上手になりました。

おじさんがする様な

立派なゲップをする様に・・・笑

 

新生児期の赤ちゃんの生活リズム

この頃の赤ちゃんは

まだ昼夜の区別ができていません。

基本的にはおっぱいを飲んで寝て、

お腹が空いたり

おむつが濡れると

泣いて起きて、

変えてもらって満足して寝るという

泣く→欲求を満たしてもらう→寝る

リズムの繰り返しをしています。

1日の3分の2を寝て過ごしています。

なので昼夜問わず2〜3時間おきに

起きるため、

産後の体がしんどいお母さん

にとってはとても大変。

赤ちゃんの性格にも

よると思うのですが、

うちの子は本当によく泣いてました。

なんで泣いているのかわからず、

夜中3時間抱っこし続けたことも・・・。

今思うと、10カ月も居たお腹の中から

出てきて全く知らない世界で

一生懸命頑張ってくれてた

のだと思います。

そう思うと愛おしさが一層増しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

私の新生児期子育てのまとめとして、

初めての子育てでわからない

ことだらけで悩みました。

なんで泣いているのかもわからないし、

最初は抱っこする

ことすら怖かったです。

しかし、毎日接していくにつれ

少しずつですが赤ちゃんのサイン

を読み取る事ができる様

になってきました。

入院中は苦痛だった授乳も

今はほぼストレスなくする

事ができる様になり、

この1カ月で赤ちゃんと一緒に

自分も成長できたと思います。

成長スピードって本当に早いんです。

毎日ちょっとずつ変化があり、

できる事が増えていくのを

身近に感じる事ができ、

とても有意義な新生児期を過ごせました。

これからの成長もとても楽しみです!

スポンサーリンク

コメント